地球と共に生きる

政治経済スポーツなど日々気になるニュースを深掘りします

城 南海さん

城 南海(きずき みなみ)さん最高です。
透き通る歌声は、聞いていて心から癒やされます。
鹿児島県奄美市出身。 奄美民謡に特有のグインが心地いい。
サンサーラにはまっています。

youtu.be

生きてる 生きている
その現だけが ここにある
生きることは サンサーラ

川の流れは 時を超えてゆく
時は流れゆき 人を超えてく
遥か昔に 誰かが見た夢
僕たちに宿り
明日へ向かう

彷徨う昼と夜のストーリー
命つないで
朝もやに煙る ほとりに佇みながら
耳をすまし 聴くのは

生きてる 生きている
その現だけが ここにある
生きることは サンサーラ

つかの間の世に なぜ人は嘆き
涙流すのか 繰り返すのか?
永遠を信じて 歩みを止めずに
なぜ別れるため 人は出会う

戸惑う 生と死のストーリー
愛を紡いで
夕映えに光る 川面を見つめながら
耳をすまし 聴くのは

生きてる 生きている
その現だけが ここにある
生きることは サンサーラ

生きてる 生きている
その現だけが ここにある
生きることは サンサーラ

生きてる 生きている
その現だけが ここにある
生きることは サンサーラ

f:id:tomopin39:20210508014543j:plain

尾身会長の認識は誤っていた?

検査数増で感染を抑え込めた証拠はない。
感染拡大の防止には役立たない。(2020年10月14日)

 当時の尾身会長のこの認識は、残念ながら誤っていたと考えられます。検査が拡充されなったのもこの発言、認識がその後の検査体制に大きく影響したと言えるでしょう。つまり、コロナ対策は長らく間違っていたことを意味します。今すぐ方針転換して、無症状者も含めて大規模なPCR検査を定期的に実施する対策を実行すべき時です。

INDEX


無症状者から多量のウイルス 世田谷区で確認

新型コロナウイルス感染しながら無症状の人の実態を知るため、東京都世田谷区の施設入所者らに実施している検査について、区は28日、分析結果を発表した。症状がないのにウイルスを多量に持つ人も確認され、保坂展人区長や研究者は「こうした感染を広めるリスクの高い人の発見が急務」と指摘。効率的な検査方法の導入などで経済活動を維持した対策を来月にも国に提言したいとしている。
 区は昨年10月から今年9月までの予定で、介護事業所や障害者施設などの入所者や利用者、職員らで無症状の人を対象に「社会的検査」を行っている。今月27日までにのべ2万1710人分を検査し、うち117人の陽性を確認した。
 ウイルス検査は、微量の遺伝子を検出するため増幅させて見つける。少ない増幅回数で検出される場合、ウイルスが大量にあることになり、感染性も強くなる。区の委託で分析した慶応大学医学部臨床研究推進センターの西原広史教授は、増幅をどれくらい繰り返したかを示すCt値に注目した。数値が小さいほどウイルス量は多くなる。4カ月分の陽性78件を分析したところ、3割の27件はCt値が小さく、感染性が高いことがわかった。西原教授は「感染を広める人を確実に見つけることが急務」、区長は「陽性、陰性だけでなく、感染の強さを知ることが重要。ct値に注目して効果的な対策を考える時に来ている」と話した。
 今月19日から、区は検体を五つまとめて検査し、陽性が出たら個別に再検査する「プール検査」も導入。時間も試薬量や費用も節約できるという。西原教授は「マスクをはずした会話や食事の際に唾液(だえき)を介しての感染が最大のリスク。唾液を用いたプール法PCR検査が効率的」と指摘した。分析と検証を進め、感染を抑えつつ経済社会活動を維持する対策を国へも提言する。


無症状者にPCR検査しても感染は抑えられない

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会会長の尾身茂氏(地域医療機能推進機構理事長)は2020年10月14日、横浜市で開催されたBioJapan2020というバイオ産業のイベントで基調講演を行った。
PCR検査に関して尾身氏が強調したのは、PCR検査を増やした結果、感染を抑えられたという証拠がない」という点だ。まずPCR検査の性質として、感染3日後から約3週間は陽性が続くが、実際に感染性を有するのは感染3日目から12日間程度で、PCR検査で陽性が出る期間のうち感染性があるのは半分程度、つまり、誰にでも検査を行った場合、陽性者の約半分は感染性がないと考えられることを紹介した。

↓解りにくいので図にしてみました。↓

f:id:tomopin39:20210504214546p:plain

検査数増で、感染を抑え込めた証拠はない
さらに尾身会長は、感染リスクが低い無症状者が検査を受けることに関しては、「経済活動に参加できるよう、安心のために検査を受けるというのは理解できる」としながらも、「感染拡大の防止には役立たない」と指摘。

f:id:tomopin39:20210430075751j:plain

さらなる分析と検証は必要だが、世田谷区の分析結果によりこの見解は誤っていたと考えられます。


科学的な真実は「神のみぞ知る」

ノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥氏は、以下のように述べられています。

私は、科学的な真実は、「神のみぞ知る」、と考えています。新型コロナウイルスだけでなく、科学一般について、真理(真実)に到達することはまずありません。私たち科学者は真理(真実)に迫ろうと生涯をかけて努力していますが、いくら頑張っても近づくことが精一杯です。真理(真実)と思ったことが、後で間違いであったことに気づくことを繰り返しています。

東京都 新型コロナ 907人感染確認   5週間前の感染者数は440人

5週間前2021/4/02の新規感染者数は

440人

東京 新型コロナ 新たに907人感染確認

東京都は、7日午後3時時点の速報値で都内で新たに907人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
900人を超えるのは今月1日以来です。

都によりますと、新たに感染が確認されたのは、10歳未満から90代までの男女あわせて907人です。
900人を超えるのは今月1日以来で、1週間前の金曜日から209人増えましたが、7日までの7日間平均は766.4人と前の週の99.1%となりました。
この日の907人の年代別は、10歳未満が36人、10代が54人、20代が227人、30代が189人、40代が161人、50代が129人、60代が48人、70代が31人、80代が26人、90代が6人です。
これで都内で感染が確認されたのは14万4441人になりました。
一方、都の基準で集計した7日時点の重症の患者は前日から3人減って69人でした。

f:id:tomopin39:20210501153531p:plain

東京都 新型コロナ 591人感染確認   5週間前の感染者数は475人

5週間前2021/4/01の新規感染者数は

475人

東京新型コロナ新たに591人感染確認

東京都は、6日午後3時時点の速報値で都内で新たに591人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の木曜日から436人減りました。
ただ、都の専門家は、大型連休中と連休明けの新規陽性者数は、医療機関の休診で少なくなるなど影響を受けると指摘し、過小評価せず徹底的な対策を続ける必要があると指摘しています。
一方、都の基準で集計した6日時点の重症の患者は、前日から3人増えて72人でした。
70人以上となるのはことし2月26日以来です。

f:id:tomopin39:20210506163944p:plain

f:id:tomopin39:20210501153531p:plain

東京都 新型コロナ 621人感染確認   5週間前の感染者数は414人

5週間前2021/3/31の新規感染者数は

414人

新型コロナ都内で621人感染確認

東京都は5日午後3時時点の速報値で、都内で新たに621人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
都の基準で集計した5日時点の重症の患者は69人で、増加傾向となっています。

都によりますと、新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女合わせて621人で、4日に続いて600人台でした。
1週間前の水曜日より304人少なくなりましたが、5日までの7日間平均は798.9人で、前の週の105.3%となりました。
5日の621人の年代別は、10歳未満が19人、10代が51人、20代が155人、30代が142人、40代が100人、50代が70人、60代が40人、70代が26人、80代が17人、90代が1人です。
これで都内で感染が確認されたのは14万2943人になりました。
一方、都の基準で集計した5日時点の重症の患者は4日から4人増えて69人でした。
重症の患者は、ことし3月から先月中旬にかけておおむね30人台から40人台で推移していましたが、先月下旬から増加傾向で、5日の69人は41人だった3週間前の1.7倍となっています。

f:id:tomopin39:20210501153531p:plain

なぜPCR検査は拡充されないのか?

PCR検査を増やすべきだと多くの医師や医療関係者のみならず、官房長官や経済再生担当大臣が訴えていました。1年前から現総理も認識していたのに、なぜ増えない?増やせない理由は何なのか?医療に関する行政システムを1度ぶち壊して再構築しないと無理かもしれません。

INDEX


PCRの検査体制の拡充が必要

2021年5月17日

特措法を担当する西村康稔経済再生担当大臣は、緊急事態宣言を解除した後も、状況に応じて再度、宣言が発せられることになると発言した上で、その判断のためにもPCRの検査体制の拡充が必要と話した。
「今、この(検査)体制を広げていかなければいけない。そうした時に、いざ(感染者数増加の)小さな波が起きた時に、PCRの体制でしっかりと探知して大きな波にしないということが大変大事なこと」。

ちなみに当時の尾身副座長は?
PCR検査体制については、専門家会議の尾身茂副座長も「日本の10万人あたりのPCR検査数というのは他国と比較して明らかに少ない。これは間違い無い」と語っており、総数でも人口あたりでも体制が十分でない現状を認めている。また、専門家会議の中でも、拡充の必要性が議論されてきたことを認めている。

出典:NHK日曜討論 2021年5月17日


往来再開へ検査拡充不可欠

2020年7月1日

菅義偉官房長官は1日の記者会見で、新型コロナウイルスPCR検査について「空港では1日当たり1千人程度実施している」と述べた。「国際的な人の往来を段階的に再開するには日本の検査能力や体制拡充が必要不可欠だ」と語った。
厚生労働省によると、国内のPCR検査能力は1日最大約3万件あるものの、実施数は7千~8千件程度で推移する。

出典:日本経済新聞社電子版 2020年7月1日


PCR検査の拡充不可欠

2020年09月08日

東京都医師会の尾崎治夫会長は本紙の取材に対し、新型コロナ対策の特別措置法の改正や、経済活動と感染防止を両立させるためには、PCR検査の拡充を急ぐべきだと訴える。
PCR検査は精度に課題があるが、「ある程度感染していないことを証明できる方法で、社会を動かしていく」。検査が増えれば、無症状の陽性者が増えることが予想されるため、宿泊療養だけではなく、自宅療養も、しっかりとした運用指針を作った上で、積極的に取り入れていくべきだという。

出典:東京新聞 TOKYO Web 2020年09月08日


徹底したPCR検査体制の必要性

現在の世田谷区の取り組み
感染拡大防止と社会経済活動の両立を実現するには、早期にPCR検査を受けて感染を発見できる、徹底した検査体制の構築が不可欠です。特に、介護施設や保育園・幼稚園など、社会生活を維持する上で必要な施設の関係者には、定期的な検査の実施が求められます。

出典:世田谷区


f:id:tomopin39:20210430222616j:plain

東京都 新型コロナ 609人感染確認   5週間前の感染者数は364人

5週間前2021/3/30の新規感染者数は

364人

東京新型コロナ新たに609人感染確認

東京都は4日、午後3時時点の速報値で都内で新たに609人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の火曜日よりは少なくなりましたが、4日までの7日間平均は前の週を上回っていて、増加傾向が続いています。

都によりますと、新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女あわせて609人です。
1週間前の火曜日よりは219人少なくなりましたが、4日までの7日間平均は842.3人で、前の週の112.8%となり、増加傾向が続いています。
4日の609人の年代別は、10歳未満が25人、10代が32人、20代が148人、30代が123人、40代が103人、50代が89人、60代が33人、70代が32人、80代が17人、90代が7人です。
これで都内で感染が確認されたのは14万2322人になりました。
一方、都の基準で集計した4日時点の重症の患者は3日と同じ65人でした。


f:id:tomopin39:20210501153531p:plain

PCR検査の現状について

INDEX

そもそもPCR検査って何?

ポリメラーゼ連鎖反応(ポリメラーゼれんさはんのう、英語: polymerase chain reaction)とは、DNAサンプルの特定領域を数百万〜数十億倍に増幅させる反応または技術。英語表記の頭文字を取ってPCR法、あるいは単純にPCRと呼ばれ、「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション」と英語読みされる場合もある。
DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の働きを利用して、一連の温度変化のサイクルを経て任意の遺伝子領域やゲノム領域のコピーを指数関数的(ねずみ算的、連鎖的)に増幅することで、少量のDNAサンプルからその詳細を研究するに十分な量にまで増幅することが目的である。医療や分子生物学や法医学などの分野で広く使用されている有用な技術であり、1983年にキャリー・マリス(Kary Mullis)によって発明され、ノーベル賞を受賞した。

出典:ウィキペディア

設定するCT値によって判定が変わる?

新型コロナウイルスを巡り、PCR検査で「陽性」「陰性」を判断する基準値に注目が集まっている。基準値に国際標準はなく、実は日本の陽性者が別の国では陰性と判断される可能性もある。基準値をどう設定するかは海外でも議論になっている。
 PCR検査は検体の温度の上げ下げを繰り返すことで、ウイルスの中にあるRNAを増幅し、感染の有無を判断する。わずかな量でもウイルスを検出できれば、感染を確認できる。ウイルスが存在しないか、極めて少なければ「陰性」と判断される。
陽性と判断する基準値には、増幅に必要なサイクル数(CT値)を使う。基準を高く設定するとウイルス量が少なくても陽性と判断される。国立感染症研究所の新型コロナの検査マニュアルでは、原則この値が40以内でウイルスが検出されれば陽性と定めている。
 一方、台湾では35未満に設定しているとされる。日本で陽性となった人が台湾では陰性となる可能性がある。中国は中国疾病対策予防センター(中国CDC)によって37未満を陽性と判断するが、37~40の場合は再検査などを推奨している。
 日本でも一部検査機関では40に近いと再検査する機関もあるが、国の指針などはない。国際的にも40程度に設定している国が多いとみられる。
 基準値が問題になるのは、この値を高めに設定すると、ウイルス量がごく微量で、他人に感染させる恐れがない人まで陽性と判断してしまう恐れがあるためだ。入院や治療が不要な人まで陽性とされる懸念がある。
 英オックスフォード大学の研究チームはPCR検査が死んだウイルスの残骸を検出している可能性があると報告。英国の別の研究では、値が25より小さい陽性者の85%以上は他人に感染力があるウイルスが培養できたが、35を超えると8.3%しか培養できなかったとの結果もある。
 米ニューヨーク・タイムズの報道では、米国でも基準値は40前後に設定されているが、一部の専門家から「30~35程度が適正だ」との声も上がっているという。
 日本臨床検査医学会で新型コロナ対策を担当する柳原克紀・長崎大教授は「ウイルスが極めて微量だから感染性がないとは現状では言えない。使う機械や試薬によってもCT値は異なる。この値だけで断言するのは難しいだろう」と指摘する。
 基準値を高めに設定することで、発症前や感染初期でウイルス量が増える前の陽性者を確実に見付けやすくなる可能性もある。柳原教授は「現在は安全性を第1に考え、日本は最も厳しく設定されている。研究が進めば基準の変動もあり得る。国際的な議論が必要だろう」と指摘する。
 退院時にPCR検査を行い、陰性を確認する医療機関もあり、不必要に入院期間を長期化させる恐れもある。日本感染症学会は10月、「検査で陽性でも感染性が低い症例がかなりの頻度で存在する可能性がある」との見解を示した。無症状でも退院させられない症例が増加しているとも指摘している。
 厚生労働省は5月と6月、退院基準を相次ぎ改定し、退院時のPCR検査を必須ではなくし、発症から10日後かつ症状軽快後72時間たった場合も退院できるようにした。ただ退院時にPCR検査をするかは医療機関の判断に委ねているのが現状だ。

出典:日本経済新聞 2020年11月8日 2:00

PCR検査の感度

PCR法では検体採取や検体保存の条件などで偽陽性(本当は新型コロナウイルス感染症で無いのに、陽性と出てしまう)、偽陰性(本当は新型コロナウイルス感染症であるのに、陰性と出てしまう)が起こりえます。この割合ははっきりしていませんが、PCR検査の感度(新型コロナウイルス感染症の方で、PCR検査が陽性となる割合)は現時点では高くて70%程度と考えられており、検査結果の判断は慎重に行う(PCR法で陰性でも、新型コロナウイルス感染症でないとは言い切れないことがある)必要があります。

出典:東京大学 保健・健康推進本部 保健センター

PCR検査の種類

新型コロナウイルスの検査は、発熱や咳などの症状がある方や、感染者の濃厚接触者(新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方)であれば、保健所や医療機関において、自己負担なしで検査を受けることが可能です(行政検査)
 一方で、例えば、仕事で海外に行く場合に相手国やお勤め先から検査証明を求められる場合や、帰省など社会経済活動を行うために希望により検査を受ける場合は、検査費用は自己負担となります(自費検査)

出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

PCR検査の費用

新型コロナウイルス感染症を診断するためのPCR検査等については、医師が必要と判断した場合に、帰国者・接触者外来等都道府県等が指定する医療機関で実施されます。また、一部地域では、地域医師会等の協力を得て「地域外来・検査センター」を設置し、集中的に検査を実施しています。
これらの機関においてPCR検査等を実施した場合は、検査費用の自己負担はかかりません。初診料等の自己負担分は患者の負担となります。

出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)|厚生労働省

PCR以外の検査

 新型コロナウイルスは、主に人ののどや鼻の細胞に侵入し、複製・増殖し、細胞外に出て他の正常な細胞に広がることで、私たちの体の中で広がっていきます。新型コロナウイルス感染症を診断するための検査には、PCR検査、抗原定量検査、抗原定性検査等があり、いずれも被検者の細胞内にウイルスが存在しているかどうかを調べるための検査です。
新たな検査手法の開発により、検査の種類や症状に応じて、鼻咽頭からの検体だけでなく、唾液や鼻腔からの検体を使うことも可能になっています。
 なお、抗体検査は、過去に新型コロナウイルス感染症にかかったことがあるかを調べるものであるため、検査を受ける時点で感染しているかを調べる目的に使うことはできません。

出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省


f:id:tomopin39:20210430222440j:plain

東京都 新型コロナ 708人感染確認   5週間前の感染者数は234人

5週間前2021/3/29の新規感染者数は

213人

東京新型コロナ新たに708人感染確認

対先週比は119.7%

東京都は3日午後3時時点の速報値で、都内で新たに708人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
都によりますと新たに感染が確認されたのは、10歳未満から100歳以上までの男女あわせて708人です。
先週の月曜日からは283人増えています。

また3日までの7日間平均は873.6人で、前の週の119.7%となりました。
3日の708人の年代別は10歳未満が33人、10代が61人、20代が182人、30代が131人、40代が137人、50代が73人、60代が36人、70代が31人、80代が15人、90代が8人、100歳以上は1人です。
これで都内で感染が確認されたのは14万1713人になりました。
一方、都の基準で集計した3日時点の重症の患者は2日から2人増え、65人でした。


f:id:tomopin39:20210501153531p:plain

MMT(現代貨幣理論)とは何か?

INDEX

国債の発行は、国の赤字が増えるから好ましくない」といった内容のニュースを耳にしたことがあるかもしれません。MMT(現代貨幣理論)とはどのようなものなのでしょうか?


MMT(現代貨幣理論)とは?

MMT(現代貨幣理論)とは、「自国通貨を発行できる政府は、インフレにならない限り、大量の国債発行をある程度許容する」といった主張を持った経済理論です。
大量の国債発行によって、自国通貨(お金)をたくさん確保し、そのお金を公共事業などに回すことで、より国民の生活を豊かにできると言われています。
国債によって自国通貨を増やすことで、国民の生活を豊かにする可能性があると肯定的に考えるのです。
このようなインパクトのある考え方から、MMT(現代貨幣理論)は大きな話題を集めているのです。
この理論は、ステファニーケルトンらによって提唱されました。


MMT(現代貨幣理論)のメリット

インフラ整備の拡大

MMT(現代貨幣理論)ではインフレが起きない程度に、国債発行に伴う自国通貨を大量に増やすことで、インフラ整備に必要な財源を簡単に補うことができると言われています。
これにより、なかなか進みづらい土地開発や道路の修繕といったインフラ事業を積極的に推し進めることができると考えられているのです。
インフラ事業を拡大することができれば、Society5.0などのAIやビッグデータを駆使した、より未来的な都市づくりへの取り組みも活発化するかもしれません。


社会保障の充実

また、MMT(現代貨幣理論)では消費税などの税収を大幅に増やさずとも、社会保障にかかる費用を比較的容易にまかなうことができると言われています。
国民に大きな負担を掛けずに、昨今課題と言われている年金や児童手当などの社会保障制度について迅速に対応できると考えられているのです。
社会保障が充実すれば、より多くの国民が豊かで安心できる社会を実現できるようになるかもしれません。


雇用の増加

インフラ整備などの公共事業が活発化すれば、雇用の増加も期待できると言われています。
MMT(現代貨幣理論)では、「就業保証プログラム」という制度を推奨しています。
就業保証プログラムとは、誰でも一定の賃金水準で就業ができるように、政府がサポートするという制度です。
こうした取り組みにより、景気が好ましくない状況であっても失業者などを大幅に減らすことができると考えられています。


MMT(現代貨幣理論)のデメリット

国債発行に伴う大量の通貨発行により、お金が市場に過剰供給されると、ハイパーインフレに繋がる危険性があると言われています。
ハイパーインフレとは、物価上昇による貨幣価値の下落を止めることができないほどの激しいインフレ状態を指します。
もしハイパーインフレが起きれば、ラーメン1杯が100万円になるといった事態も起こるかもしれません。
かつてハイパーインフレに陥ったジンバブエでは、2009年に100兆ジンバブエ・ドル紙幣が発行されたほどでした。
ただ、MMT(現代貨幣理論)では、政府が大幅なインフレが起きないように、課税などで財政支出を適切に調整すれば大きな問題にはならないと考えられています。
しかし、大量発行した貨幣をコントロールすることは非常に難しいのではないか、という意見もあり、様々な議論を呼んでいるのです。


出典:政治ドットコム
投稿日2021.2.26 最終更新日2021.02.26

f:id:tomopin39:20210502181954j:plain