地球と共に生きる

政治経済スポーツなど日々気になるニュースを深掘りします

Go Toキャンペーン受託団体が  二階幹事長らに4200万円献金

news.yahoo.co.jp

去年7月22日にスタートした観光需要喚起策「Go Toトラベルキャンペーン」。この事業を1895億円で受託したのは「ツーリズム産業共同提案体」なる団体だ。この団体に名を連ねる観光関連の14団体から、自民党幹事長の二階俊博氏をはじめ自民党の議員37名に対し、少なくとも約4200万円の献金が行われていることが「週刊文春」の取材で分かった、というのだ。
「ツーリズム産業共同提案体」は、全国旅行業協会日本旅行業協会、日本観光振興協会という3つの社団法人と、JTBなど大手旅行会社4社で構成される。加えて全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会日本旅館協会といった宿泊業の関連団体が協力団体として総計14団体が参加している。

さらに驚くべきことに、二階氏は
1992年から30年近く全国旅行業協会の会長をつとめているのだ。

自民党の幹事長であり二階派の頭である人物が、おそらくGo Toトラベルキャンペーンを強行に押し進めたことは想像に難くない。
業界団体と癒着し族議員のるつぼと化した政権与党自民党

国会中継を見ていると、族議員たちが一見国民の代表っぽく見せているけど、実は業界団体のためにやってます大会に見えてくる。
まさに何でもありの末期症状だ。

f:id:tomopin39:20210128170412j:plain